私の好きなイラストレーター、もとい!画家さん第三弾!


 今を誇る、現代日本画家の巨匠、

      加山 又造

 今様、尾形光琳と呼ばれたりもします。
 今回の選択、ちょっと渋めかも知れません。でも、なんの、この方、日本画家といっても、洋画を研究し、お父さんが着物のパターンニストであった関係で、なかなか、モダンな日本画を書きます。特に、お父さんからの影響で、実在するものを、簡略化、そしてパターン化するということに感化された絵を多く描いています。私が好きな絵は、”春夏秋冬”を一枚の絵に描いた絵で、山、花、川、月等を多分、屏風に描かれてます。この方の、水の表現がとっても好きです。一本の線で、波波に描かれてるだけなのですが、それがとってもモダンなんです。そして、男性的にスパッと不要な線を切り捨ててるところが又いいんです。

 今日の絵は、一時期、ヌードに凝った時期のもの。なんか、カッコ良くないですか!?日本画なのに以外じゃないですか!?そうそう、MURAKAMI TAKASHIも実は、日本画学科卒なんですよ。たまに、日本画のテクを使ってます。日本画のテクは本当に、理科の実験のようで面白いし、デザインは、単純明快、強調したいところを重視って、ところが、意外にファッションイラストレーションに通じてる。それに、このゴージャスさが、もっと、女を引き立たせると思いませんか?私は、そう信じてるんで、早くこのテクが、世界にどこまで通用するか、チャレンジしてみたいんです。はは。
 ちょっと、熱く語すぎ!?
[PR]
by yyuko55 | 2005-04-22 09:05 | 作品
<< アメリカ学生の絵 アメリカに来て、一番ためになっ... >>